ID:9joa9f
ラベル 電子書籍関連記事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電子書籍関連記事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年9月9日月曜日

米国免除申請済みの人は、住所変更した際どうすれば良いの?

そういえば「住所を変更したら米国免除申請済みの人はどうすれば良いのだ?」と思いKDPのサポートに問い合わせをして見ました。

頂いた回答ですが「弊社へご郵送いただくW-8BENに関しまして、住所変更の際は、再度新しいW-8BENをご郵送いただきますようお願い申し上げます」とのことです。

そして「その際、右上に出版者コードとともに、”Change of Address"とご記載いただけますようお願いいたします。」 つまり再提出が必要ってことですね(´・ω・`)

2013年7月21日日曜日

楽天kobo電子書籍リーダーの値下げ

楽天は7月19日に、電子書籍リーダーの値下げを発表しました。

 「kobo touct」が1500円の値下げで、5480円!「kobo mini」は7月頭に1000円値下げしています、5980円です。

 「kobo glo」もあります、こちらは「フル充電で約1カ月維持、通勤、出張、旅行先でも読める」などバッテリーに自信有りとのこと。以前と比べると全体的に随分値下がりましたねぇ・・・(´・ω・`)
 
これに合わせていたのか、先日は30%のポイント還元も行っていましたしkoboも頑張ってますね!

2013年7月19日金曜日

凄すぎる!Kindleストアで30%のポイント還元!楽天Koboを意識したか?

突然のキャンペーンに驚きを隠せません(゜ロ゜;)

 電子書籍ストア、Kindleストアで購入金額の30%をポイント還元しています!というかこんなに還元して大丈夫か?これは明らかに楽天Koboのキャンペーンに対しての対抗ですね・・・!なんという恐ろしいキャンペーンの攻防でしょうかw

楽天Koboは2013年7月21日9時59分までのキャンペーンだそうです。

Amazon側の方では、具体的な日時の発表はありません。

2013年6月12日水曜日

Kindle,KDPは強いですね※電子書籍ストア利用率「Kindle」49.4%

電子書籍ストアの利用率「Kindle」ストアが49.4%、やっぱりKindleは強いですね(´・ω・`)
2位はアップルの「iBookstore」15.8%
3位は「紀伊國屋書店Kinoppy」14.7%
以下、Reader Store、楽天kobo、BookLive!だそうです。

電子書籍ストア利用率、「Kindleストア」が49.4%でトップ~OnDeck調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000046-impress-sci
電子書籍ストア利用率、「Kindleストア」が49.4%でトップ~OnDeck調査
Impress Watch 6月10日(月)19時0分配信
 株式会社インプレスR&Dは10日、電子書籍ストアの利用率に関する調査結果を発表した。調査対象は、電子出版産業に携わる人向けのEPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者。実施期間は4月22日~26日で、有効回答数は646件。

 調査によると、回答者のうち最も利用率が高かった電子書籍ストアは「Kindleストア」の49.4%。利用している理由については、「Amazonのアカウントで利用できるので」「どのデバイスでも読めるし、点数が豊富」「Kindleのワンウリック購入が非常に楽だから」など、ネット書店としての強さと、専用端末だけでなくiPad/iPhone、Androidといった各種端末でも利用できる利便性が評価されたほか、「短期間で撤退して読めなくなる可能性が少ないだろうと思ったから」といった、国内電子書籍ストアのサービス終了と比較して選択したという回答も目立っているという。

 利用率2位は、2月に日本でサービスを開始したアップルの「iBookstore」(15.8%)。前回2位だった「紀伊國屋書店Kinoppy」(14.7%)は、前回調査の利用率を上回ったものの3位となった。以下、Reader Store、楽天kobo、BookLive!と続いている。

記事全文はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000046-impress-sci
電子書籍ストア利用率、「Kindleストア」が49.4%でトップ~OnDeck調査


Kindleに続いてアップルが2位、3位が紀伊国屋っていうのは意外でした(´・ω・`)私が知らなかっただけかな?意外にkoboって人気無いんですね(爆)前の似たような調査だと2位だった気がするんですけど・・・もしかして下がったのかな、それとも調査範囲がまた違ったとか・・・(´・ω・`)

まあ実際Kindleとkobo、両方で自費出版(自己出版)してますけど、明らかにKindleの方がユーザー多いんだろうな~って思いますもの(;´▽`A ただどの業界でも「特定の会社による一人勝ち」って個人的に好きじゃないんですよね、面白くなくなるっていうのかな?だから他の会社も頑張って欲しいです。

このままKindleの首位が続くと、他が衰退して潰れたりする場合もある。

そうなるとますますKindleの独走・・・になりかねないなぁ(´・ω・`)

↓役に立った!面白かったら押してね↓

人気ブログランキングへ
↓Kindle,KDPで自費出版するならKindle自費出版完全ガイドをどうぞ↓
saaaa.png


2013年5月6日月曜日

出版志望者をカモにする悪徳業者…とは言うけど、無知な人間だけが騙される。※電子書籍の自費出版で儲かるのは煽っている業者

正直なところ、電子書籍の自費出版は本当に簡単で、数十ページ程度のマニュアル(ただ単に出すだけならもっと簡単かも)を読破するだけで自費出版が可能です(´・ω・`)

自分で最低限の知識を持っておかないと、ああしたい~こうしたい~と思ったときに何もできません、なので最低限勉強しておいた方が良いでしょう(それでも数十ページの量なんですからね)

電子書籍の自費出版で儲かるのは煽っている業者
http://nikkan-spa.jp/410536

誰でも電子書籍を販売できる! そんなアマゾンの革命的サービス「キンドル・ダイレクト・パブリッシング」(以下KDP)が日本でもスタートした。手軽に自費出版できるのがウリだが、怪しげなタイトルも散見されるキンドルストア。新手の市場にうごめく魑魅魍魎の正体とは?

◆出版志望者をカモにする悪徳業者たち

 混沌の様相を呈するKDPで心配されるのは、出版志願者をカモにするビジネスだ。

「今いちばん儲かるのは、『キンドルやると儲かるよ』と煽っている業者だと思います。そうやって、電子書籍の形式に編集する作業を請け負ったり、売れるための営業支援でお金を取るというビジネスが流行っていますね」(電子書籍のシステムなどに詳しい村上福之氏)

 とりわけ、今キンドルを触っている人は、キンドルに興味がある層なので、悪徳業者もカモにしやすいとか。

 キンドルで本を出すこと自体に、初期のコストはほとんどかからない。小説などのように文字主体の簡単なレイアウトであれば、グーグルドキュメントで作ったファイルを、専用ソフトで変換するだけでも出版用ファイルは完成。永江氏が「自費出版ならぬ自己出版」と形容するゆえんだ。

 手順も、それこそキンドルストアで売られている100円程度の電子マニュアルを参照すればクリアできる。つまり、基本的には編集と言っても単純作業なのだが、そこに高額の外注費を払う“情弱”ユーザーも少なくない。

「iアプリのときにも、相場以上の制作費をふっかけるビジネスがあったんです。電子書籍でいえば、実際3万~10万円が相場のところを『人気上位にランクインさせてあげる』などと謳って50万円もふっかける。電子書籍は紙の本とは比較にならないくらい、ほんの少し売れただけで上位にランキングされます。業者が自分で100冊も買えばベスト50くらいには入るでしょう。それでも100冊なら経費はたかだか1万円ですからね。あるいは『30万円でベストセラー作家になれる!』なんていう商材を出して、最後のURLで自社の電子書籍作成サイトに誘導するという手も見られます」(自身もKDPで電子書籍を出している、コンサルタントの永江一石氏)

 黎明期だけに、怪しげな儲けのタネが跋扈する電子書籍の自費出版。単純に「誰でもカンタンに本が出せる夢のような時代がやってきた!」と喜んでもいられないようだが、そんなカオスっぷりも含めて、ホットなジャンルなのだ。

【村上福之氏】
クレイジーワークス代表。歯に衣着せぬ物言いで、ネットの世界で注目を浴びている。初の著書『ソーシャルもうええねん』(Nanaブックス)が話題に。電子書籍のシステムにも詳しい

【永江一石氏】
コンサルタント。月間30万超アクセスの人気ブログよりベストエントリーを集めた『素人の顧客の意見は聞くな 永江一石のITマーケティング日記』がキンドルストアで販売中

― Kindle自費出版で情報商材戦線に異状あり!?【3】 ―


こういうのにバカ高い金額を支払うなら、100円で売ってるKindleのマニュアル本を読んだ方がよっぽど自分のためになりますよ?(そして宣伝


この一冊でも十分KDP、Kindleで自費出版できます。
更新を続けてたら最初40ページしかなかったけど88ページまで増えたけど、必要なところだけ読んで下さい(;´Д`A

騙されないように自分でしっかりと学び、最低限の知識だけでも身につけて欲しいなと本当に思います。

それと自費出版は儲かりませんよ(´・ω・`)

取材を重ねて書いた本もやっぱり赤字ですしねぇ…w 
でも「夢」はあるんですよ (その「夢」をダシに商売してる業者が多いんですが)

作家になりたかったけどなれなかった、でも今は誰でもなれる時代です。

小さな夢、自費出版で叶えるのも良いですよね。そういう意味ではお勧めです、注目されたら売れる可能性も0ではありません。儲からないけど、夢はあるって感じです。

あなただけの物語を本にするのって素敵な事だと思います、自費…いや、自己出版をお考えの方、メモなどで一度まとめては如何でしょうか?(´・ω・`)b



にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

2013年5月4日土曜日

Koboで5月1日から3日までセールやってたんですね。※koboイーブックストアで「超(スーパー)マンガ祭り」開催

Koboで5月1日から3日までセールやってたんですね~知りませんでした(´・ω・`)

色んな作品が対象になってるみたいですね。クーポンコードは期間中なら何度でも使えるそうですが、もう今日で終わりじゃないですかー!

koboを利用している方はこの機会に買ってみるのも良いかもしれませんよ(´・ω・`)

koboイーブックストアで「超(スーパー)マンガ祭り」開催――集英社コミックをお得に
ITmedia eBook USER 5月1日(水)16時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000056-it_ebook-sci

 楽天子会社で電子書籍サービスを展開するカナダのKoboは5月1日から3日まで、koboイーブックストアで取り扱いのある、ほぼすべての集英社コミック3300作品を対象に、特別クーポンを利用して30%オフで購入できる「超(スーパー)マンガ祭り」を開催している。

 対象となる主なコミックは『ONE PIECE』(尾田栄一郎)や『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)『テラフォーマーズ』(橘賢一・富家悠)『俺物語!!』(河原和音)『きょうは会社休みます』(藤村真理)など。また、映画公開で再び人気を集めている『DRAGON BALL』(鳥山明)などの名作も対象になっている。

 特設サイトにあるクーポンコードを購入画面の該当個所に入力することで、キャンペーン価格が適用になる。なお、クーポンコードは期間中何度でも利用可能。[ITmedia]

最終更新:5月1日(水)16時48分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000056-it_ebook-sci


楽天koboも頑張ってはいるんですけどね、中々それぞれの会社の電子書籍シェアの奪い合いは激しくなりそうですな。ibooksも日本語販売してるし、Kindleはやはり強そうだしね。ソニー、ガラパゴス、ここら辺はどう戦っていくんだろう?

個人的にはもっと各社も自費出版を推奨していってくれたら面白いのになぁ~と!
大手ではKDPとKoboですもんね、後は如何わしい情報商材しか無いし…あ、Bccksがあったか!

新しい作品書きたいけど中々時間が…頑張ります(´・ω・`)


にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
忍者AdMax

2013年4月23日火曜日

やっぱりそうなんだよね、端末よりもアプリを好む人が多そうだ。※日本人は電子ペーパーよりアプリが好き?!

ただでさえ携帯やスマホだけでも荷物になるのに、専用端末まで持ち歩くとなると大変になると思う。もちろん読書好きな方なら持ち運んでも良いのかもしれないけど、大多数の人はスマホのまま読む事が出来るなら、アプリをインスートルするよね(´・ω・`)

日本人は電子ペーパーよりアプリが好き?! 楽天koboが市場動向を解説 Impress Watch 4月22日(月)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000008-impress-sci
 楽天株式会社は19日、「楽天kobo」iOS版アプリの公開にあわせて、報道関係者向けの説明会を開催した。独自タブレット端末の市場投入方針、アプリ版サービスが海外以上に日本で受け入れられている現状などが解説された。

 説明を行ったのは、楽天株式会社の白石翼氏(イーブック事業 企画管理部 部長)。楽天koboはもともと、モノクロ電子ペーバー方式の専用端末向けにサービスを開始したが、2012年12月にAndroid版アプリを追加した。「その直後からiOS版も期待されていたが、クオリティをどんどん上げようと頑張り、ようやく最適化が完了した」と、白石氏は胸をなで下ろしていた。

 専用端末版と比較し、iOS/Androidアプリ版サービスは、手持ちのスマートフォンをそのままリーダーとして使える。また、ディスプレイの構造上、電子ペーパーよりもページ送り速度が速い。このため、ページ数が多く、かつ読み進むスピードが小説などより段違いに速い漫画作品との相性もいい。また、カラー表示のメリットを生かせるコンテンツを、楽天koboでも拡充する計画だ。

■ フィーチャーフォンが“電子読書”を変えた?

 日本と国外では、サービスの受け入れられ方にも違いあるという。専用端末の発売が先行していた国外では、スマートフォンアプリ版サービスは補完的な側面が強かった。しかし、日本ではフィーチャーフォンが長らく市場を席巻。小さな画面でケータイ小説を読むといった行為への慣れがあるので、スマートフォンアプリでの読書にも抵抗がない───。白石氏らは、Android版koboリリース後の実感から、そう考えるに至ったという。

 このため、iOS版アプリのリリースによって、「専用端末を買うにはまだ早い」と考えている新規ユーザー層の獲得効果が期待される。スマートフォンアプリ版がきっかけでkoboを使い始めたユーザーに対し、専用端末の導入を促すキャンペーンなども視野に入れている。

 また、電子書籍の購入単価についても、日本と海外で違いがある。「日本にはやはり漫画があるため、購入冊数が海外ユーザーよりも多い。ただし、単価を見ると、漫画は若干安め。結果として読む量は日本の方が多かった」(白石氏)。

 総じて、「日本では電子書籍を(専用端末でなくても)アプリでも十分読んでいただける」というのが、Android版アプリ公開から約4カ月で得た白石氏らの見立てだ。実際、アプリ版における販売実績は、事前の期待値より大きかったという。

 一方、読書をする上での全体満足度は、専用端末を用いた場合に高くなるとの分析もある。楽天では、専用端末とアプリという2つのサービスを組み合わせ、相乗効果を狙っていくとしている。

■ 独自タブレットを日本でも

 サービスの将来的な拡張に向けて、タブレット端末の投入を検討する。白石氏は「海外ではすでに『kobo arc』という、Androidベースの7インチ液晶タブレットが発売されている。日本でも、他社製品に負けないだけのコンテンツを用意して、近日中に出せるよう、検討している」と明言した。現在は、発売済みの海外版を日本市場向けに最適化するか、あるいは次機種の発売を待つのか判断する時期のため、具体的な発売日などには触れなかった。

 タブレット版koboは、単なる電子書籍リーダーにとどまらず、その他のデジタルコンテンツ販売の窓口としても期待できる。「例えばKindle Fireでは、電子書籍だけでなく動画や音楽の販売も行える。楽天であれば、いかに楽天市場へお客様をご案内できるか(が重要)」と、白石氏はその波及効果についても言及していた。なお、PC版koboサービスの開発にも着手しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130422-00000008-impress-sci
【INTERNET Watch,森田 秀一】


で結局独自タブレットを発売するのかーいって突っ込みを入れたいところです。当然新規発売になるのであれば、既存のただの電子書籍リーダーでは全く売りがないでしょうから…動画や音楽の販売も!なんていうけどそれ全部スマホで出来るジャナイデスカー!

正直なところ端末で出来ることってもう出尽くしてる気がするんですけど…開発者の方はどういう風に考えているのだろう?今はスマホとアプリの連携を強くして、もっとユーザーが使いやすいアプリを開発したほうが良いのでは?なんて思うんですけども…

斬新な考え、もしくはアイデアがあるのなら楽しみですけどね。次世代端末でも開発中なのかな~?『kobo arc』は既に海外では発売されてるようですが、いつ日本に来るのか見ものですね。


にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

2013年4月20日土曜日

koboがiOS版「kobo」アプリを提供開始しましたね! ※楽天、日本向けiOS版「kobo」アプリを提供開始 RBB TODAY

koboがiOS版「kobo」アプリを提供開始しましたね!これでkoboイーブックストアで購入した電子ブックは、全ての端末で同期されるとのことです!

楽天、日本向けiOS版「kobo」アプリを提供開始 RBB TODAY 4月19日(金)19時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130419-00000050-rbb-sci

楽天の子会社であるKobo Inc.は19日、日本向けiOS版koboアプリ「楽天<kobo>アプリ for iPhone/iPad/iPod touch」の提供を開始した。これまでKobo社は、日本向けに電子ブックリーダー「kobo glo」「kobo mini」「kobo Touch」の3機種の専用端末と、Android版アプリを提供している。

「koboイーブックストア」で購入した電子ブックは、すべての端末で同期されるため、たとえば電子ブックリーダーで読んでいたコンテンツのつづきを、iOS搭載の端末から読むことが可能。アプリの機能として、本を読む前に他の読者の評価を見たり、読み終えた後に本の評価を書き込み、他の読者と共有したりできる「ソーシャルリーディング機能」を搭載している。またiOS版koboアプリでは、FacebookやTwitterへの投稿が可能となっている。

 対応iOSはバーション6.1以上。
電子ブック楽天<kobo>:楽天<kobo>アプリfor iPhone / iPad / iPod touch
http://kobo.rakuten.co.jp/application/ios/


前の日記でも書きましたけど、やっぱり楽天スーパーポイントを使ったり、貯めることができるのが利点でしょうか。今ならウェブからエントリー&アプリからのログインで100万ポイント山分け、電子ブック用クーポンが500円分ももらえるキャンペーンをやってるそうです。koboもかなり必死ですね(笑)

やはり電子書籍の市場が、まだ伸びると思っているからで顧客の囲い込みを始めているのでしょう。もっともまだまだ浅いと思いますけどね。こういった媒体っていうんでしょうか?幅がまた広がっていくのは良いなと思います。

今は少しずつですが次の作品を書き始めています。その前に他のお手伝いも始めているので、少し忙しい感じです(´・ω・`)電子書籍の制作ビジネスでもやってみましょうかねぇ?でも需要無いかな?これからも頑張りますd(゜Д゜)


にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

2013年4月19日金曜日

急にではなくてやはり徐々に変わっていくのかな? ※日本の電子書籍はアップルの本格参入で変わるのか

やっぱりアップルが本格的に日本語書籍に参入してきたのは大きいですよね、アイフォンユーザーだったらやっぱりibooksで買おうかな~と思うでしょうし…ただ電子書籍自費出版するには色々制約があるんですよね。EPUB作成くらいなら簡単ですが、ibooksで自費出版するにはマックが必要になります。

日本の電子書籍はアップルの本格参入で変わるのか
エコノミックニュース 4月18日(木)8時27分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000015-economic-bus_all
 米アップルが3月6日に電子書籍サービス「iBookstore(アイブックストア)」において、日本語書籍の販売を開始してから一月余り。もともと「iBookstore」は存在したものの、日本のユーザーには敷居の高いものであった。今回、日本語書籍の販売開始に合わせて、講談社や角川書店、文藝春秋、学研、幻冬舎、光文社、アスキーメディアワークスなど多くの日本の大手出版社と連携し、新刊本を含む小説や漫画などを数万点ラインナップしている。「キンドル」シリーズを展開する米Amazon.comは8万8000点以上、「コボ」シリーズの楽天は12万4400点以上と、日本語コンテンツの数では多少は見劣りするものの、数ではなく質の高いものを提供することでユーザーを獲得する狙いだという。

 「iPad(アイパッド)」や「iPhone(アイフォーン)」などのタブレット端末のシェアで優位に立つアップルが本格的に市場に参入してきたことで、日本の電子書籍業界もいよいよ、生き残りをかけて激しいシェア争いが始まりそうだ。

↓全文はこちら↓ エコノミックニュース 4月18日(木)8時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000015-economic-bus_all


これからの電子書籍はまた新しいものが求められるようになるんでしょうか?例えば電子書籍のアプリですが、アプリならではのBGMだったり動画が見れたりするものもあって面白いんですよね。文章だけでなく、一味違ったものを取り入れていけばまた可能性が広がっていくでしょう。アイフォンでのアプリだとよく見かけますけど、電子書籍ではそんな無いのかな。

ただそれは電子書籍というより、電子コンテンツ、アプリでもない文章に特化したコンテンツみたいな・・・ああ、でも動画も入れられるから・・・えーっと・・・?w 紙は紙で残るでしょうけど、紙にはできないことを電子でやっていけばシェアはまだまだ広がるでしょうね。まあ思いつくこともあるんですけどあえて書きません(キリッ

私的にはまだまだきっと面白くなっていくと思います、色々楽しみですね。



にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

2013年4月14日日曜日

面白い記事を見つけました。「電子書籍に未来はあるのか?」

未来はあるのか~?(´・ω・`)あると思いたいです、あるんでしょうね、ありますよね。

電子書籍に未来はあるのか? Twitterで激論
http://ddnavi.com/news/134498/
2013年04月13日(土) 07:00 電子ナビ編集部

結局のところ、電子書籍は盛り上がっているのだろうか?

先日、電子書籍端末「kobo」を販売する楽天の三木谷社長は、夏までにベストセラータイトルの80%をkoboで買えるようにすると発表した。実際、書店に並んでいる本の多くは、電子書籍ストアでも気軽に購入できるようになってきており、これからますますその勢いは増していくだろう。

ダ・ヴィンチ電子ナビが開催した『電子書籍アワード2013』では、昨年最も売れた電子書籍のランキングを発表、総合1位に輝いた『宇宙兄弟』をはじめランキング上位には、『ジョジョの奇妙な冒険』、『テルマエ・ロマエ』といった人気作品が数多く並んだ。これは、映画やアニメ化などで作品を知って指名買いし、スマホやタブレット端末で読むというスタイルが徐々に増えてきた結果と考えられる。

一方で、売れ筋以外の作品の電子化がなかなか進まなかったり、権利問題や出版社の事情で電子化が遅れている作品があったりといった課題や、規格が統一されていないことで起きる不便さ、販売価格の問題など、多くのユーザーが改善を望んでいることだろう。また、紙の本にはない“電子ならではの新しい演出”も期待されるところだ。

そこで、ダ・ヴィンチ電子ナビでは、「電子書籍の未来」をテーマに、電子書籍の利点や不満、問題点、これからの希望や要望などについてハッシュタグをつけて語り合う「Twitter読書会」を開催。読書会では、紙の本との違いや、実際使用してみての感想、オススメの電子書店やビューアー、専用端末、今読んでいる作品なども参加者同士で紹介しあう。Twitterに登録していれば誰もが参加自由だ。
「ぶっちゃけ電子書籍ってどうなの?」と感じている人はぜひ参加してみてほしい。
��Twitter読書会 #14 開催概要>
開催日時:4月13日(土)21:00~4月14日(日)21:00
特設ページURL:http://ddnavi.com/dokushokai/ ※4月13日21:00開設
読書会テーマ(ハッシュタグ):『#ぶっちゃけ電子書籍どうなの』
司会:ゆりいか(@yuriikaramo)


基本的に通勤、通学などの時間潰しにタブレットやスマホで電子書籍を読む事が出来るっていうのが良い。文庫本とかならまだしも、新聞広げたり分厚い本とかは読めないっていうか邪魔になるかな…持ち運ぶのも大変ですしね。

紙の本がなくなるとは思わないが、やはりコストが掛からない点で電子書籍は価格が下げやすいのが利点だ。ユーザーが何冊買っても場所を取らないっていうのも良い。

でも本に囲まれてると幸せ、棚に本を並べてたいっていうのはあるなぁ…紙の質感って好きです。でも結局これは育ちの問題で、これからの世代は最初から電子書籍に触れているだろうから、紙に対するこだわりみたいなのが無くなるのかも?憶測ですけどね。

時間が経って見ないとわからないけど、まだしばらくは紙も電子もそれなりって感じじゃないでしょうか?5年後、10年後が楽しみです。それは紙とか電子書籍とかうんぬんでなく、また新しいコンテンツが出来るかもしれない。

先のことなんてわからないけど、それなりに楽しみにながら生きたいものですね。

saaaa.png

インターネットのシロサギ達~書籍アプリappstore~
https://itun.es/jp/ODldK.i



にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村

2013年4月12日金曜日

Amazon半端ないぜぇ…※Amazon、Goodreadsを買収――次は?

CEOのマーク・コーカー氏が質問に答えています。面白いですね、 長期的には、GoodreadsとAmazonはより密接に統合するでしょう―まぁそうなんでしょうけど、落ち着くまでは内情バタバタしてるでしょうね。

Amazon、Goodreadsを買収――次は?
ITmedia eBook USER 4月11日(木)19時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130411-00000070-it_ebook-sci

AmazonによるGoodreads買収に関する公式プレスリリース(と記者会見)は、これまでのところ、ニュースに取り上げられる機会を得ている。また、それ以上ではないにせよ、同程度の数の読者たちがソーシャルメディア上でこの買収への懸念や批判を共有している。しかし、驚くような反応が自主出版サービス大手Smashwordsの創始者でCEOのマーク・コーカー氏から飛び出した。コーカー氏はGoodEReaderの質問に答えて、この買収が出版社、著者、読者にとって何を意味し得るのかについて語ってくれた。

 この手の買収が書籍の発見可能性(Discoverability)に対してどう影響するかを聞いたところ、「実際には本のファンにとって肯定的な機会になると感じました」とコーカー氏。続けて、以下のように話す。

 これはAmazonにとって、幾つかの理由で素晴らしい買収になります。同社は、顧客とインディー系著者の双方とより密接な関係を築くことができます。この2者こそ出版の未来ですから、これは重要なことです。新規顧客と著者を獲得する上で、Amazonはリードしたといえるでしょう。また、買収により、Goodreadsが競合の手に落ちるのを防ぐことができました。

 書籍の発見可能性という点でも、Amazonは数年のリードを獲得しました。AmazonとGoodreads両方の性質を兼ね備えた、これほど深みのある発見可能性情報へのアクセスを持つ小売企業をわたしは知りません。

 Amazonは今回の買収により、読者と読者が読みたい書籍をマッチさせる、あるいは、販売プロモーションを行うに値する書籍を識別するためのより良質なデータを手にしました。これは著者と出版社を満足させるでしょう。Goodreadsが抱える数百万人の読者は、Amazonの潜在顧客となり得るユーザーでもあります。GoodreadsはAmazonの商品販売用リンクを、AmazonはGoodreadsのレビューとGoodsreadのソーシャル機能を取り込むことで多くのチャンスが生まれるのではないでしょうか(コーカー氏)。

 続きはこちら↓

Amazon、Goodreadsを買収――次は?
ITmedia eBook USER 4月11日(木)19時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130411-00000070-it_ebook-sci
最終更新:4月11日(木)19時11分


やはりAmazonは強い、影響は後になるんでしょうけどプラスになっていくと良いですね。ソニーとkoboはどう対抗していくんだろうか…厳しそうだなぁ……どんな業界でもどこかの一人勝ちってあんまり好きじゃないんですよね、個人的な考えかもしれませんが面白みにかけるというか(´・ω・`)

saaaa.png

インターネットのシロサギ達~書籍アプリappstore~
https://itun.es/jp/ODldK.i



にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

2013年4月11日木曜日

Reader Storeに機能追加ねぇ… ※ソニー、Reader Storeでカート共有やログインIDの保存など機能追加Impress Watch

ソニーのReader Storeに新機能が追加されたそうです。
とはいってもソニーのReaderを持ってないんですけどね(´・ω・`)

ソニー、Reader Storeでカート共有やログインIDの保存など機能追加
Impress Watch 4月10日(水)14時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000028-impress-sci

ソニーマーケティング株式会社は、運営する電子書籍ストア「Reader Store」に機能追加を行ったと発表した。

追加された機能は、ログインIDの保存機能、“いますぐ購入へ”機能、“カート”“キープリスト”への連続投入機能、異なるデバイス向けのReader Store間でのキープリストおよびカートの共有、Reader Store表示の相互切替え機能、ソニーポイントの一部のみ利用に対応の6つ。

新たにReader Storeに登録されている異なるデバイス間でキープリストおよびカートが共有可能になり、スマートフォンやPC、タブレット、専用端末など複数端末から利用するユーザーはどの端末からでも購入や選択がシームレスに行えるようになった。

ログインIDの保存機能は、ログイン時に入力するIDとパスワードを一時的に保存する機能。PC版Reader Storeでは、ログインの際に「かんたんログインを設定する」をチェックすることで、ログイン状態を180日間保持することが可能になった。180日間の期間中は、IDやパスワードの確認なしでソニーポイント残高確認やカート・キープリストに書籍を投入することができる。

また、PC版Reader Store以外のAndroidアプリや電子書籍リーダー端末「Reader」などから書籍を購入すると、購入後30日間はパスワード入力のみで書籍を購入できるようになった。

また、コンテンツの詳細ページからすぐに支払い方法確認画面へ繊維できる「いますぐ購入へ」ボタンを設置。一覧表示画面からシリーズ作品のまとめ買いが手早くできる、カートやキープリストへの連続投入機能も追加するなど、書籍の選択から購入までがなるべく簡単に行えるよう改善された。

【INTERNET Watch,工藤 ひろえ】





そういや日本の電子書籍関連では電子の自費出版って注目されて無かったですよね。
Kindleが発売されてから電子の自費出版への注目が強くなったのだろうか?そう考えると日本の会社も自費出版の後押しをして置けば良かったのにな~って思うんですけど、めんどくさかったんでしょうかねぇ??確かに日本は海外ほど電子書籍市場は浸透してませんけど、浸透させようというつもりがあったなら自費出版を自己出版の時代だ~!などと言って推し進めてしまえば良かったのになぁ…。

何故かと言いますと、自費出版が可能になる⇒勝手にインディーズ作家が集まる⇒作品が増える⇒売れたら注目されるし、広告にも繋がる⇒各インディーズ作家達が勝手にメディア本体を宣伝し出す(今Kindleについて書いている我々が居るみたいに)

っていう中々メリットがあったと思うんですけど…やっぱりそれなりの障害みたいなものがあるんだろうか?そもそもリーダー本体を出すくらいなら、それ位のことをした方がいいと思うんだけど…上層部の連中とかは思わなかったのかな?でも俺が考えれるレベルの話しですもんねぇ…裏では難しいのかね。

saaaa.png

インターネットのシロサギ達~書籍アプリappstore~
https://itun.es/jp/ODldK.i



日本も負けずに電子書籍を盛り上げて行って下さい(´・ω・`) (自費、自己出版に関してはKindleとkoboでしか選択肢がありませんけどね…汗)

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック