ID:9joa9f

2013年6月5日水曜日

Kindle自費出版完全ガイド・第一回「はじめに」

Kindle自費出版ガイド・第一回「はじめに」

当ブログを閲覧いただきありがとうございます。

蓮見あつきと申します。現在私は3冊のKindle本を出版しています。当然、今まで本なんて出したことはありませんしプロの作家というわけでもありません。

Kindle Direct Publishing(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)略してKDPはパソコンで文章を打てる方なら、どなたでも作家デビューが可能です。当ブログではそのKDPを利用して自費出版(自己出版)を行う方法を解説しています。

KDPってなんだろう?どんなサービス?
パソコンで文章は打てるけどソフトは?
Amazonは米国の会社だけど、税金はどうすれば良いの?
本を作った後、どうやって宣伝したら良いの?

��の知識からでも当ブログを読めば、上記の疑問点全て解消できるよう解説いたします。

電子書籍なんて売れるのだろうか?需要はあるのか?と疑問に思う方も居るかも知れませんが、書籍は紙から電子の時代に少しずつ移って来ています。だからと言って、紙の本が無くなるとは思いませんし、電子書籍が浸透しないとも言いません。

2013年6月現在、紙、電子、良いバランスを保っているのではないだろうか?と個人的な見解では思っています。そして今後はもっと電子書籍が浸透していくでしょう。

紙には紙の良さがありますが、その分割高です。電子書籍はコストパーフォーマンスが高く、割安に販売してもロイヤリティ(印税)は紙の本よりも高いです。

スマートフォンの普及、手のひらサイズで持ち運べる機械で、通話、アプリ、本、地図、なんでも出来るようになってしまいました。電子書籍の強みは数千万人が利用しているそのスマートフォンに対して、アプローチが可能なことです。もちろんKindle機器自体、今日本で一番普及している電子リーダーですから、それを踏まえてもKDPが現時点で一番需要の高い電子書籍サービスと考える事ができるはずです。

『いつかは紙の本で出版が出来るようになりたい』そうお考えの方でも、まずは一つのステップアップ、経験として電子書籍作家デビューをしてみるのも悪くないと思いませんか?

悪くない、やってみたい、作家として名前を売りたい。胸に秘めている物語があっても、他人にそれを伝えなければ意味がありません。KDPを利用して、あなただけの物語を是非語ってください。

それでは引き続き更新をお待ちくださいませ!

※本連載は「最新2013年調査Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~」を文書校正の見直し、大幅に内容を変更したものです。もしKDPを利用するに当たって最低限の知識(ソフトの使い方、税金の控除の方法)だけで良いのであれば「最新2013年調査Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~」の一冊だけでも問題は無いと思います。

saaaa.png

インターネットのシロサギ達~書籍アプリappstore~
https://itun.es/jp/ODldK.i

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。