ID:9joa9f

2013年4月7日日曜日

「Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~」を購入してKindle本を出した方がいらっしゃいます。著者:出合頭航平さんのKDP、Kindle本をご紹介

とても嬉しいことがありました、私の出している「Kindle自己出版~KDPの優しい手引き~」を購入して実際にKindleで本を出したという方がいらっしゃいます。

その方が出している本を紹介致します。


新社会人への手紙--2013年春--今、輝いている君に読んでほしい 著者:出合頭航平
こんにちわ。今年、社会人になったばかりの君のために手紙を書きました。
そう、働き始めたばかりの君への手紙です。

なんで書いたかって? 伝えたいことがあったからです。
君より早く社会人となった僕から、あなたへの手紙です。

僕には、君に言いたいことが有るんだ。それは何かっていうと・・・

君は今とても輝いている。
間違いなく、圧倒的に輝いている。

太陽は、その光が眩しすぎて直視できない。
凛と咲く花を見て、誰もが間違いなく綺麗だと感じるように。
それと同じくらい、今の君は―― 続きはこちら
新社会人への手紙


かんちゃん物語 しばらく警備員 著者:出合頭航平
かんちゃんは、36歳のアルバイト警備員。
こんなはずではなかった、と思いつつも他人を見ては「僕はまだマシ」だと自分を納得させている。
 
 自分が望んだか、どうだかよくわからない「迎えてしまった今」をどうやって生き抜くのか。子供の頃を思い出しつつ、"せめて人並みに暮らしたい"「かんちゃん」の物語。
-------------------------------------------------
この小説は、新しいジャンルの始まりである。
「Low-Income-Novel」 「ローインカムノベル」
低賃金・低所得の生活を、そのままに伝える。

餓死することは無いかもしれない平成の低所得体質。
「蟹工船」の時代とは違い、1970年台「4畳半フォーク貧乏」ともちがう。
切羽詰らない、生ぬるい貧困に気づかないまま体を沈める。

「ローインカムノベル」どこかあきらめた、切羽詰らない貧困の小説。
2013年、この小説が始まりです――続きはこちらから
かんちゃん物語

レビューも高い本です、気になる内容などAmazonのサイトで詳細をご覧下さい。



自費出版と昔は言われましたが、今は昔のように大きな費用を必要としないので自己出版と言えるのではないでしょうか?だからこそ、私の本もKindle自費出版ではなく、自己出版というタイトルにしています。

人それぞれ違った生き方をして、違った感じ方をするはずです。

あなたの中に「誰かに伝えたい」「吐き出したい事」などがあったら一度メモをすることから始めてはどうでしょうか?

KDP、Kindleが日本に上陸してから自費出版、自己出版は徐々に浸透してきました。去年の12月でまだ半年も経っていませんがかなりのインディーズ作家が生まれています、やりたいと思った方、是非書いてみて下さい。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
忍者AdMax 日本初!業界最高水準の継続型アフィリ報酬を実現した今までになかったアフィリエイトASP!?サムライクリック

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。